トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

総代理店視察 ”Bali48” マクロ探検隊

クマノミは"ニモ”と呼ばれてとても人気があります。
イソギンチャクに居て激しく動かないので
撮影しやすい被写体ですが、
色んな表情を見せてくれるので
Bali48のかたい候補です^^



バリ島にリピートするマクロ派ダイバーは多く、
パラダイス(トランベンの老舗ダイビングサービス&宿)にミコさんがいて
Roger Steene (REEF FISH TROPICAL PACIFIC の著者の一人)と
Bundaの今は亡き師匠 TONO が世界に伝えた
トランベンの黒砂マクロからはじまり...

豊かな大地の恵みが
海をも豊かにしているバリのマクロワールド、
どこに潜ってもマクロの楽しみはつきませんが、

Bundaがマクロ好きの全てのダイバーに
一押しでおすすめしたいポイントは
シークレットベイ

なぜ?
マクロの水中写真が大変撮りやすく、
ストレスがかかりにくいポイントです。
濃いめの被写体が潜んでいます。

日本総代理店のFUJIさんが視察に来てくれて
水中写真を撮ってくれました。
いただいた写真の一部を使い
スライドショーを作りました。



フィルムの枚数を気にしない
デジカメ時代に突入したとはいえ

撮りきれない海がここにあります。

西部バリで待っています♪
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント