トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ジンベエがでた!

沖縄 美ら海水族館のジンベエです。


水中でどーんと大物に会うと感動します。
レギュレターの空気を深く吸い込みます。

ときめくマクロ世界もそこには宇宙があり
すべてはこの海の中にあるのですね

海の中はLOVEだらけなんだと思う瞬間です。

さて"誰もが認める大物スター "ジンベエ”
whale-shark-with-fish.jpg
Photo by NATIONAL GEOGRAPHIC

1月末にバリ島、トランベンで目撃されました!
水深10m、
最近戻ってきたギンガメアジの群れとコラボ♪
はやる心をおさえつつ、いますぐ行きたいトランベン。
もじもじしてたら
なんと2月立春にふたたびお目もじ
今度はドロップオフ。

*トランベンのNoble BALI DIVE Center情報

トランベンの海は奥が深い

実は、十数年前トランベンの海で
ハンマーヘッドに遭遇したことがあります。

調査ダイブで入った時のこと
ドロップオフの
クダゴンベのいる大ウチワで最大深度という
ダイビング計画でした。
さて、そろそろと同行のイントラに合図、
すっと顔を戻して前を見ると
ウッ!
hammerhead-shark.jpg
Photo by NATIONAL GEOGRAPHIC
あわわと再度アイコンタクト。
おおきくうなずき
全ての動作をゆっくりと
ハンマーヘッドの動きを見つつ
〜〜〜離れました。
ふううううう

後にも先にもこれっきりの経験でした。
たまたま群れを離れて迷い込んだ
ハンマー君だったのかもしれません。

ダイビングというと、サメ恐いでしょうって
そんな話になりますが、
バリで頻繁に会うサメは
ホワイトチップ
です。

200px-Whitetip-reef-shark.jpg

おとなしいサメで
けして攻撃的ではありません
どちらかというとおずおずとして
チャーミングです。
ご安心ください。

ちなみに
ジンベエが出た翌日、
トランジットでバリ島に立ち寄った
世界中の海を潜るライターであり
ダイビング雑誌の副編集長のGさんにこの話をしたら
彼女は最近、フィリピンでジンベエと潜るを
記事にしたばかり、
間近にみたジンベエの肌はやはり鮫肌だったそうです^^
images.jpg

うーん...
やはり近くで見てみたい。

トランベンで待っています♪


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。