トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

サファリとダイビング

サファリッて言うと...アフリカ、

語源はアラビア語で「旅行」スワヒリ語「長い旅」、
19世紀後半"狩猟目的の旅行という英語になり、
今はアフリカ大陸で野生生物を鑑賞することを指す。
近年エコツーリズムの流行で、ホエールウォッチング、
極地、密林、砂漠な秘境を訪れるツアーも言う。

ということで、バリ島のダイビングサファリは、
バリの秘境と言えば秘境かもしれません。
しかし、
水中でも狩猟は絶対しません。

オカリナのようなバリ島を、
ダイビングポイントの近くに泊まりながら旅をする。
これが”ダイビングサファリ”です。
じっくりたっぷり潜れます。

bali map


20年近く前、師匠と初めてバリ島の東と西にサファリをしました。
泊まったところは民宿?
民家に一晩の宿を乞うというスタイル。
トイレもシャワーもワイルドです。
W数の低い裸電球がぽつんと揺れている。
朝のどが乾いてぬるいコーラを開けて飲んだら、
身体に悪いと怒られて甘ーいコーヒーを作ってもらいました。

その後、何度かサファリをする度に
ヨーロピアンの人が泊まっている宿を見つけてゆきました。

小さな宿がちょっとづつ増えてゆき
そこで働く村人も増えて、
英語やサービスを学んで、
今はとても快適で清潔で
食べ物も美味しい宿ができました。

でもね、
目を真っすぐ見て話す人達、
これだけは今も変わりません。

ダイビングの前と後ろの時間、
バリの田舎を楽しめます。








スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント