トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

AMED アメッド その1

2794230.jpg

バリ島の北東部、アメッド村、
Jemelukというビーチがある。
珊瑚礁の美しい海は1年を通じておだやかなので、
シュノーケルも楽しめる。
塩田があるのどかな村には、海岸沿いに外国人向けの安宿や
ダイビングサービスが建てられ少しにぎやかになった。



しかし海の中は変わらず30mほど冲にでると黒砂から
テーブルサンゴ、枝サンゴのカラフルなお花畑が広がっている。
プリプリの栄養がゆきとどいた魚達がたくさん群れている。
ハゼ、ウミウシはもちろんマクロの生物達も、
ナポレオンやウミガメもいる。
被写体まみれの穏やかで明るい海、
露出や絞りを確認しながらじっくり水中カメラを楽しめる。
体験ダイビングやビギナーダイバーにもお薦め。

kesiki5.jpg

ビーチまたはボードダイブである。
アメッドのボートはジュクンという最大3人乗りの漁船を使う。
船はポコポコとエンジンを響かせ冲にでる。
ビーチ沿いのホテルやバリ最高峰のアグン山を見ながらゆっくり進む。
ダイビング前から非常に気持ちよい^^
 
ポイントに着くとフィンとマスクを付けて
ゆっくり船から水に入る。
水中でBCDを装着するが、
船の両サイドにバランス用の竹がありつかまれる。

バデイチェック完了、
レギュを加えて一息吸ってみる。
潜行開始!
ゆるい潮の流れにのってドリフトダイブ。

浮上すると、ボートがポコポコと近寄っくる。
ウエイト、BCを順番に船頭さんに渡す。 
身軽になってグンとボートの乗るとき、
フィンを上手に使ってキックする。
あ・が・ら・な・い
船頭さんがササット、ロープで足場を作ってくれる。
それに足をかけて、グイッとボートに乗り込む。
クっ!腹筋と背筋を鍛えなければ・・・

amed-beach-bali.jpg

ビーチに戻って水面休息。
真昼の日差しにキラキラ光る海と焼けた砂浜、
心地よい風が吹く日陰のレストランでくつろぐ。

ウエットを脱いでシャワー、プールにどぼん。
トイレは、室内が大きめで清潔。

ランチタイム
バリデザインの特製BOX、
注文が間違わないように名前のメモをチェックしながら、
ガイドが渡してくれる。
ベジタリアンサンドイッチ、チーズ多めで注文した。

”いただきま〜す”

・・・つづく

*YOS DIVEからインフォメーション*

アクセス:チャデイダサより1時間未満
水温 :乾期26〜28℃、雨期28〜30℃
ダイビングスタイル:ボートまたはビーチ
休息場所:専用レストラン(トイレ、シャワー、プール付き)

ご昼食:ダイビングに含まれます。
お飲物:ガイドがご用意するお飲みものはダイビングに含まれます。
ご休息所のレストランでお客様が個人的にご注文された
    お飲物やお食事は直接レストランにお支払いください。

ミネラルウオーターやソフトドリンクを用意していますので
たっぷり水分を取ってください。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント