トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

トランベン ビーチエントリー

トランベンビーチ
海から昇る太陽
6月19日
宿泊客の皆さんは
この時間を楽しみにお部屋からでてきて
スマホやカメラで撮影したり
海の様子を見ています。

さあ、今日はどんなダイビングができるかな^^
7月12日2

凪いだ穏やかな海もあれば,
波がある日もあります。
大自然ですから...
7月16日

トランベンはビーチエントリー
そこで、
ダイブパラダイスがご案内している
ビーチエントリーについてご紹介します。

まず...よくあるご質問
ミューフィンのゲストさん。
トランベンのダイビングは、
パラダイスから沈船やドロップオフまで
ちょっと歩いていただきます。
ここの移動はご自分のサンダルを履いてください。
エントリーポイントに到着したら、
ひとまとめにして、
そこにあるワルン(お休み処)に預かってもらいます

ガイドがお手伝いします。


エントリーです。
久々のビーチエントリーだわ(ドキっドキっ)
トランベンはゴロタなので、
足場がゴロゴロ落ち着きませんが、
あわてないでください。
ポーターさんが運んでくれた器材の前で深呼吸^^

1)BCD+タンクをかついでください。

2)ストラップをしめてレギュをくわえてOK!

3)BCDに空気をいれましょう。
これで海に入ってもプカプカ浮きますから安心です。

4)フィンを持って海に入ります。
マスクはビーチからつけて行ってください。
一歩一歩ゆっくりとバランスよく歩きましょう。

5)水面が胸のところまでのところにきたらフィンを履きます。
レギュレターをくわえて、
海に顔をつけてフィンと足を見ながら
ゆっくり履いてください。

OKですね^^
装着したら、ちょっとだけ沖にでて待っていてください。

シニアダイバーのゲストさん
BCD&タンクは重くてかつげないという方は、
ガイドがお手伝いします。
ウエイトとマスクをつけ、フィンを持ってください。
ガイドがビーチから水中へご一緒します。
胸のところまできたら、
ガイドがBCDを着せてくれます。
ストラップを締め終わったら、
フィンをゆっくり履きましょう。

さあ、いよいよダイビングです。
OKサインを確認し潜行開始!


つづいてエキジット
安全停止を終えて、
足がつく程度の水深にきたら、
フィンをぬいで、波をみながらゆっくりとエキジットします。

シニアダイバーのゲストさんや、
BCD&タンクの重さがドーンときて厳しいという方、
ご心配なく、ガイドがお手伝いします。
ガイドの指示に従って
BCD&タンクを水面で脱いでください。
ご自分のフィンを持って、
波を見ながらガイドと一緒にゆっくりエキジットします。


トランベンの海、
大自然ですから、
穏やかなこともあるし、
荒れる事もあります。

先日、朝日の時間はこの波!
どうしましょう....
7月16日2

ガイドとダイビングプランを練り直し
波が正面からあたっている
沈船ポイントとコーラルガーデンは厳しいと判断。
比較的波が落ち着いているドロップオフで3本潜りました。
同じ場所から入りますが、水中ではルートを変えて
色々見ていただくことができました。

夏休みシーズン到来、
観光の島バリ島は陸も海も大賑わいです。
ヌサペニダのマンボウ情報はまだ入ってきませんが
入手次第UPします。

バリ島で波を見ながら待っています♪






スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント