トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”こいつア~春から縁起がいいなあ〜♬”

HAPPY NEW YEAR 2017

新年あけましておめでとうございます。

初日の出1
穏やかな凪いだ海とともに新年を迎えることができました。
皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

年末年始をご一緒したゲストさま達と記念写真
集合1117

元日からナイトダイブ!
ということで
お昼はお雑煮を食べて
*ミコさん出汁がすんごく美味しかった^^
お雑煮1117

夜はナイトダイブの後でパーテイー、
お祝いご飯1117
ナシトンペン(黄色い△ご飯)と
アヤムベトット(鶏肉の詰め物)、
ビール、芋焼酎、ワイン、地酒と
新年をお祝いしました。

そして迎えた1月2日、
海の神様(バルナ)からお年玉!?
なんとトランベンにマンボウが出ました!!!
モラモラ1117
*Photo by YUKI

今年もバリ島で待っています♪




トランベンの潜り方(ガイドと一緒)

雨期に入ったバリ、
トランベンは水温が29〜30°
今年はフリソデエビが色んな所で見れます。
もちろんウミウシもモリモリ^^
毎年10月から12月上旬は、
世界中からウミウシ好きのリピーターが集結するパラダイス。
今年も、みなさんソレゾレお気に入りのウミウシ写真を撮影され
ご帰国されました。
ただ今、ウミウシ探検隊の写真を整理していただいておりますの
後日あらためて、ご報告いたします♪

さて、日本発のパッケージツアーは
1日3本ダイブ設定、
3本ガイドと潜ります。
トランベンの海はマクロ天国、
自分で探す楽しみもありますが、
ガイドが丁寧に探して教えてくれるので、
1本のダイビングの満足度がグーンと高くなります。
こんな風にガイドをしてくれます。



3ダイブパッケージは、
2本だけガイドと潜って、
あとの1本はセルフで2本という変更もOKです。
ただし、セルフダイブご希望の場合、
DPT(ダイブパラダイストランベン)で、
ダイビング歴を確認、チェックダイブをさせていただきます。
現地でご相談ください。

雨期のトランベン、
日帰りファンダイバーも少なくなり、
ゆっくり潜るには良い季節です。

トランベンでお待ちしています♪

初日の出から今日まで

あっという間に9月30日。
ちょっと1年を振返り、
パラダイスの恵美子さんが
フェースブックにUPしている朝の海景色で
スライドショーを作りました。
音楽は Ayu Laksmi、
今年の初日の出 元旦の1枚から始まります♪



ドロップオフの向こう、
ロンボク島の近くから昇ってきます。
それがだんだん左へ移動し6月ころには
パラダイスのプールからみると
ほぼ正面の海から昇ってきます。
そしてまたロンボクに向って移動してゆきます。

凪いだ日もあれば
荒れる波にダイビングプランを検討した日もありました。

透明度がスコーンと抜けるときもあれば
6mくらいまで3mなんてこともありました。

マクロ探しをしていると
子供のジンベイがそろりと上をとおったり、
超レアなウミウシを見つけてキャッキャとはしゃいだり、
楽しみつきないトランベンの海です。

さあ、今年も残すところ3ヶ月
スライドショーを作りながら
ワクワクとしています。

トランベンの朝日ご覧になりませんか。
プールサイドでお待ちしています♪

Tara

トランベン ビーチエントリー

トランベンビーチ
海から昇る太陽
6月19日
宿泊客の皆さんは
この時間を楽しみにお部屋からでてきて
スマホやカメラで撮影したり
海の様子を見ています。

さあ、今日はどんなダイビングができるかな^^
7月12日2

凪いだ穏やかな海もあれば,
波がある日もあります。
大自然ですから...
7月16日

トランベンはビーチエントリー
そこで、
ダイブパラダイスがご案内している
ビーチエントリーについてご紹介します。

まず...よくあるご質問
ミューフィンのゲストさん。
トランベンのダイビングは、
パラダイスから沈船やドロップオフまで
ちょっと歩いていただきます。
ここの移動はご自分のサンダルを履いてください。
エントリーポイントに到着したら、
ひとまとめにして、
そこにあるワルン(お休み処)に預かってもらいます

ガイドがお手伝いします。


エントリーです。
久々のビーチエントリーだわ(ドキっドキっ)
トランベンはゴロタなので、
足場がゴロゴロ落ち着きませんが、
あわてないでください。
ポーターさんが運んでくれた器材の前で深呼吸^^

1)BCD+タンクをかついでください。

2)ストラップをしめてレギュをくわえてOK!

3)BCDに空気をいれましょう。
これで海に入ってもプカプカ浮きますから安心です。

4)フィンを持って海に入ります。
マスクはビーチからつけて行ってください。
一歩一歩ゆっくりとバランスよく歩きましょう。

5)水面が胸のところまでのところにきたらフィンを履きます。
レギュレターをくわえて、
海に顔をつけてフィンと足を見ながら
ゆっくり履いてください。

OKですね^^
装着したら、ちょっとだけ沖にでて待っていてください。

シニアダイバーのゲストさん
BCD&タンクは重くてかつげないという方は、
ガイドがお手伝いします。
ウエイトとマスクをつけ、フィンを持ってください。
ガイドがビーチから水中へご一緒します。
胸のところまできたら、
ガイドがBCDを着せてくれます。
ストラップを締め終わったら、
フィンをゆっくり履きましょう。

さあ、いよいよダイビングです。
OKサインを確認し潜行開始!


つづいてエキジット
安全停止を終えて、
足がつく程度の水深にきたら、
フィンをぬいで、波をみながらゆっくりとエキジットします。

シニアダイバーのゲストさんや、
BCD&タンクの重さがドーンときて厳しいという方、
ご心配なく、ガイドがお手伝いします。
ガイドの指示に従って
BCD&タンクを水面で脱いでください。
ご自分のフィンを持って、
波を見ながらガイドと一緒にゆっくりエキジットします。


トランベンの海、
大自然ですから、
穏やかなこともあるし、
荒れる事もあります。

先日、朝日の時間はこの波!
どうしましょう....
7月16日2

ガイドとダイビングプランを練り直し
波が正面からあたっている
沈船ポイントとコーラルガーデンは厳しいと判断。
比較的波が落ち着いているドロップオフで3本潜りました。
同じ場所から入りますが、水中ではルートを変えて
色々見ていただくことができました。

夏休みシーズン到来、
観光の島バリ島は陸も海も大賑わいです。
ヌサペニダのマンボウ情報はまだ入ってきませんが
入手次第UPします。

バリ島で波を見ながら待っています♪






西部バリの新情報

西部バリは3回目のUご夫妻
今回は新しいポイントのリクエスト
ムンジャンガン島は無しです。

それではということで...
お宿も今までと違うところ、
TARNA Home Stayに泊まりました。
ホームステイというと安宿かしら?
NON,Non, non!
これが凄く快適な宿でした♪

お部屋は11室が並んでいて、
天蓋付きのベット、室内広く快適。
S DLXベット

室内のクロゼット
S SLXクロゼット

お部屋の前はテラス
taruna-homestay.jpg


お庭
スイートエリア庭

プール
プール

スパはバリニーズマッサージ1時間Rp150,000.
ダイビング後はスパ三昧のUご夫妻、
4ハンドという二人かかりのコースがお気に入りとか。
1時間Rp.200,000(約2千円弱)

さて、レストランはアウトカマーもウエルカム♪
お料理の数は少ないけれど、
頼んだものはどれもとても美味しかったです。

シーフードサラダ
シーフードサラダ

海老ココナツカレー
ココナツ海老カレー

台所をのぞくと
美味しい物を食べてもらおうオーラ充満。
納得です♪
レストランからキッチン
写真は伝統的なバリスタイル台所、
この横に清潔な台所があります。

サービスも丁寧 *Uご夫妻ちょっと緊張^^
IMG_20160625_071242#1

夕食はお勧めスナッパーをグリルしてもらいました。
P6240390k.jpg
   
P6240392k.jpg

肝心の新ポイント!
なんとTARNAから車で3分、徒歩15分...歩きません(笑)
JETTY Pemuteran.

Peutran Jetty

何がいたかというと...
オオモンカエルアンコウ
P6250483k.jpg

オチビなフロッグフィッシュ
P6250514k.jpg

カニハゼなどハゼ類も色々
P6250526k.jpg

こんな子もいました
P6250530k.jpg
*Under water Photo by Mr. UZU

まだまだ色々いそうです♪
ここはナイトダイブもOK
今後じっくりリサーチしたいポイントです。

西部バリで待っています♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。