FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラダイス再開!

12月17日 PVMBG(火山地質災害対策局)
アグン山の山頂から10km内をレベル4,
それ以外のバリ島内はNORMAL
AMANと発表しました。
NORMALはレベル1、
AMANは安全の意味です。
トランベンは山頂から12kmです。

これを受けて、
パラダイスのマネジメントは
まだ時々噴煙が上がっているし、
避難している人もいるし、
どうしようかと
諸々状況をみながら
再開の準備をすすめてきたそうです。
機が熟したとパラダイス創立者である
バパ・デワ(出羽守)が決定し、
14633041_1108499509246018_8770166398857786760_n.jpg 

パラダイスは宿泊客の受け入れを
再開しました!!!
もちろんダイビングもOKです!!!

さあ、マクロも
P7160720 のコピー 
*シデンポイント
P7120029 のコピー 
*ミンピ前
P7120081 のコピー 
*沈船右

ワイドも
P7170930 のコピー 
*パラダイス前コーラルガーデン
P7160806 のコピー 
*ドロップオフ オックスアイスカッド

時々噴煙が上がっていますが、
PVMBGがきっちり観測し
広報活動もスムーズに動いています。
PVMBGは空港閉鎖に至るような
噴煙の放出が万が一あったとしても、
雨季の期間は風の向きから
空港閉鎖に至ることはないと言っています。
とはいえ、大自然です。
ひきつづき最新情報をお届けしていきます。

バパ・デワ(出羽守)と
みこさんと、
スタッフ一同皆で
パラダイスで待っています♪
PS;ワンコ隊も^^

パラダイス閉鎖中(12月15日現在)

11月26日、54年ぶりに噴火をしたアグン山
レベルは3から4に上がりました。
避難区域は10km(前回は12km)、
トランベンは山頂から12kmですが
村の観光事務所から通達があり
お客様は宿泊できないようになり、
再び閉鎖となりました(涙)
トランベン村の人たちは
今回は避難勧告はでていないので
いつもどおり生活している人が多いそうです。

12月15日のアグン山
少し落ち着いて見えますが.....
12月15日 

11月26日午後5時のアグン山はこうでした
噴煙モクモク(水蒸気の白い噴煙と灰色の火山性噴煙)
11月26日午後5時 

前回と違うのは、
トランベンのダイビングは禁止されていません。
拠点をアメッドに移し、
トランベンへ日帰りダイビングを
ご案内しているサービスもありますが、
南部リゾートのサービスのほとんどは
トランベン日帰りツアー催行中止にしています。

ダイブパラダイストランベンは
バンガローの閉鎖と一緒に
ダイビングもお休みしています。
21432953_1514119045350727_4631022143827344120_n.jpg 

閉鎖が解除になったら、
すぐにお客様にご利用いただけるよう
毎日スタッフがメンテナンスとお掃除をしています。

ガイドのアワ君も箒をもって
25152411_1514118748684090_332389935963956282_n.jpg 

プールも綺麗です
25443090_1514118942017404_4689382071151005271_n.jpg 

ぼく達は居残り精鋭セキュリテーワンコ隊♪ 
茶色がミンチャ、黒いのがブラッキー
25354122_1513434312085867_802183866029849165_n.jpg 

皆でアグン山が落ち着いて
閉鎖解除になる日を待っています♪




トランベンNOW 11月19日付

9月22日にでたレベル4が
10月29日にレベル3に下がり
日帰りダイビングがOKとなって
11月4日にダイブパラダイスは再開しました。
早朝もナイトダイブもOKです!

23561667_2092508554301720_2171680057249938243_n.jpg 

*山頂から6~7.5km以内は引き続き関係者以外立ち入り禁止ですが
トランベンエリアは山頂から12kmです。

さて、アグン山ですが白い噴煙がでています。
が、これは噴火に直接つながるものではないと
火山地質災害対策局(PVMBG)が発表しています。
*11月18日撮影
23561843_2092508557635053_8741621259726710763_n.jpg 
じゃー火山性地震はどうなの?
毎日6時間ごとにPVMBGが
火山性地震の回数をfecebookにUPしています。
抜粋して平均はというと.....
        浅い所 / 深い所  
*最新土曜日NOW
11月18日    3.3 / 3.7          
*レベル3に下がった日
10月29日      11.0 / 15.6
*噴煙が上がり始めた日
10月15日      67.5 / 118.5
*最も数値が高かった日
 9月27日       99.7 / 158.3
と、火山性地震は日々減少しつつあり、
体感する地震はほとんどありません。

***11月9日朝5時54分に地震がありましたが
プレート地震で火山性地震ではありませんでした。
by PVMBG

インドネシアは西はスマトラから東のパプアまで
東西つらなる島々に活火山があり
火山研究は世界TOPクラス、
地震観測だけでなく宇宙衛星やドローンを飛ばして
複合的に観測しているそうです。

さて、水中ですか、
沈船のカンムリブダイはモリモリとかわらず、
ドロップオフのテルマアジの群れも大きくなっています。

パラダイス前 Photo by AWA
黒砂にカラフルなホヤ
PB130282.jpg 
定番のウミウシも
PB130263.jpg 
コーラルガーデンの人気者のクラカケ
PB130248.jpg 
パラダイスプールサイド
IMG_20171111_131923.jpg 
沈船ポイントのダイバーたち
IMG_20171111_095525.jpg 

パラダイス駐車場のマンゴはもう少しで食べごろ^^
IMG_20171114_080038.jpg 

どうぞ遊びに来てください
パラダイスで待っています♪


アグン山警戒レベル下がりました(10月29日)

10月29日午後4時
レベル4(危険)からレベル3(警戒)になり、
避難エリアは山頂から9~12kmから
6~7.5kmになりました。

*カランガッセム県発表
トランベンは10月30日から日帰りダイビングOK
宿泊は11月3日からOK

トランベンは山頂から12kmです。
22851941_1469557379806894_6087057061908763368_n.jpg 

9月22日の夜から今日まで、
1ヶ月以上の避難生活、本当にお疲れ様でした。
この間、アグン山の裾野数カ所に
大きなアラート(万が一の場合を知らせる)が設置されました。

村の人たちは、
今まで経験したことのない避難生活を過ごされ、
避難ルート、準備などなど学ばれたと思います。
アグン山は活火山、
この先、万が一があったとしても
安全&安心に避難することができるでしょう。

さて、
パラダイスとミンピリゾートトランベン
再開準備が始まっています。
*レベル3になった翌日(30日)カランガッセム県の
知事室で22のダイビング関係会社と副知事が
今後の対応ついて会議を行いました。
それを踏まえて正式な再開活動がスタートです。
23031202_1470530153042950_8035497512146685493_n.jpg 

季節は乾季から雨季へ
水中がもっとも活気付くシーズン到来です
1ヶ月以上、ダイバーの入らなかった海
水中世界はどんなになっているでしょう。

市場にはマンゴが熟れて並び
芳醇な果物の匂いが濃くなってきました。
まんご 

31日からバリ島は迎え盆(ガルンガン)
ペンジョールの飾りがアグン山の裾野の
避難解除された村々に立ち並び
ご先祖様をお迎えします。
penjor-01.jpg 

ほっと一息、
バリ島で待っています。


10月27日 アグン山 & パラダイス NOW

10月26日 首都ジャカルタで
アグン山の危険度について検討会議が開催されました。

結果は、危険度レベル4を継続
ひきつづき観測をつづける。

地震観測データは数値の減少を示しています。
火口から4km下のマグマ溜まりがあって
火口の裂け目は広くなり白い煙が高く上がっています。
という先週のデータを基にした結論でした。

*10月26日発表のグラフ
102617GA.jpg 

アグン山の噴火危険度がでてから1ヶ月、
経済的損失はバリ島全体におよび、
なんと日本円で150〜200億円と...

そんな中、
パラダイスのスタッフたちは毎日点検、
1日おきにお掃除に集合しています。
皆元気そうです。
ハロー お弁当おいしそうだネ♪
22728988_1465932690169363_1207472627998262167_n.jpg 

22814038_1467597413336224_7960670304497528643_n.jpg 

22780299_1467597283336237_2493910107936277627_n.jpg

10月31日から11月11日まで
バリ島ではガルンガン&クニンガン、
日本のお盆と送り盆の儀式がおこなわれます。
故郷に帰り家族と一緒にご先祖様をお迎えする
バリ人にとっては大切で楽しみなお祭りです。
galungan.jpg 
避難民はキャンプでこの儀式を行わなければならず、
バリヒンドウー教の宗教省は
自宅以外で行うガルンガン&クニンガンについて
ガイドラインを発表しました。

バリの人たちは
ガルンガン&クニンガンが終わるころには
自宅に戻れると話しています。

とにかく数値は下がっています。
このまま下がり続け
火口の裂け目からどんどんマグマのエネルギーが放出されますよう

サヌール村で祈りながら待っています






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。